時の人

いま注目の人、気になる人、話題の人など『時の人』を紹介

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊東美咲、ペチャパイ『山おんな壁おんな』

2007年05月18日(Fri) 00:04:29

 女優・伊東美咲(29)が7月5日スタートのフジテレビ系ドラマ「山おんな壁おんな(仮題)」(木曜後10・0)に主演することが16日、分かった。美咲は美人で仕事も抜群にできるが、まったく胸のない“壁おんな”と呼ばれるのが悩みのデパートガールを明るくコミカルに演じる。巨乳の“山おんな”も登場し毎回ハラハラの展開に。美咲のコメディエンヌぶりに注目。

 美咲が満を持して1年ぶりに連ドラ主演する。それも、同局系「危険なアネキ」(平成17年)でキャバクラ嬢、「サプリ」(18年)ではキャリアウーマン役で発揮した彼女の真骨頂ともいえるチャーミングで明るい女性を、今度はデパガ役でコミカルに演じる。

 舞台は創業300年を誇る日本最古の老舗百貨店の1階バッグ売り場。美咲はクールビューティーだが、仕事が抜群にでき、将来は創業初となる女性店長になる夢を持つ売り場のエースという役どころだ。

 ただ、彼女の唯一の悩みが“壁おんな”と呼ばれるペチャパイの胸。そこへ、ダイナマイトバディーを持つ天然キャラで癒やし系笑顔の“山おんな”が同じ売り場に配属され、“壁おんな”のコンプレックスを呼び覚ましていく…という波乱の展開に。講談社の漫画誌「イブニングKC」に連載された同名人気コミックが原作。

 実際の美咲は20歳の時、ビールメーカーのキャンギャルを務めたナイスバディー(当時171cm、B83W60H87)の持ち主。“壁おんな”ではないが、仕事に恋にコンプレックス打破に、前向きに生きる主人公のキャラクターにはピタリとハマるだけに、同世代の女性たちから共感を持って受け入れられそう。巨乳の“山おんな”を誰が演じるのかも楽しみだ。

 美咲は「“秘密の悩み”を持つデパガ役なので、今からとっても楽しみ。キャストのみなさんと成長しながら、楽しくポップな時間をお届けしたいと思っています」と意気込み、保原賢一郎プロデューサーも「ポップでチャーミングで、とにかく明るいコメディエンヌは、今もっとも輝いている彼女しか考えられません。新しいハリウッドタッチの洗練されたライトコメディーをご期待ください」と力が入る。

 美咲が連ドラで初単独主演を務めた「電車男」(17年放送)も、同じフジ木10枠。20年以上ドラマ枠として定着する木10の平均視聴率歴代6位(21.2%)の記録を持つだけに、今度は出世作超えに挑む。
スポンサーサイト
前の記事
深田恭子、載寧龍二とお泊り熱愛!
次の記事
宝生舞、結婚!お相手は降谷建志似

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://trendy.blog7.fc2.com/tb.php/897-1c230f3e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。