時の人

いま注目の人、気になる人、話題の人など『時の人』を紹介

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲斐よしひろの二女・甲斐名都、デビュー!

2006年11月08日(Wed) 08:04:05

 ロック歌手、甲斐よしひろ(58)の二女・甲斐名都(23)が8日、「下北沢南口」でメジャーデビューする。⇒GeinoranKing
本日の写メ


 甲斐名都は「実力がつくまでは」と、あえて父の名を伏せてインディーズ活動を続けてきたが、店頭ライブで300人を集めるまでに成長。メジャーデビューを勝ち取った。このほど都内でサンケイスポーツに父の名を初告白し、「偉大な先輩として尊敬していますが、私は私で頑張りたい」と抱負を語った。
 Tシャツにジーンズというラフな格好で現れた名都は、小柄でキュートなルックスから、実年齢よりも幼く見える。が、つぶらな瞳からは、30年にわたりロック界の第一線で活躍する父と同じ、力強さがのぞいた。
 「マイペースで3年間やってきて、自信が持てるようになりました。プレッシャーもあるけど、これが甲斐名都というものをアピールしたい」。表舞台に立てる喜びと意気込みを堂々と語った。
 小さいころから家族そろって父のライブを見に行くなど「嫌でも音楽を耳にする生活」という環境の中で育ち、読書好きも手伝って中学から詞を書き始めた。ただ、有名人の娘というレッテルを背負っての学生生活に「父親のすごさが受け入れられず、音楽から遠のいていった」という。
 転機が訪れたのは祖父と祖母の死。「家族の大切さを痛感して素直に父のことが好きになり、私も音楽がやりたいと思うようになった」と振り返る。「そんな甘い世界じゃない」と父からは反対されたが、ヒット曲を歌って吹き込むデモテープ作りの日々を送った。
 その1本が音楽プロデューサーの耳に留まり、現在の所属事務所と契約。作曲活動も勧められて始め、昨年5月に全曲を作詞作曲したインディーズ盤「夕暮れワルツ」を発売。それを携え、キーボードの弾き語りスタイルの路上ライブを、東京・町田駅前からスタートさせた。
 重みのある父親の歌声とは対照的な透明感あふれる歌声と、胸がキュンとなる乙女心を描いた詞は徐々に評判を呼んだ。そこで30人以上の客を集められれば次の急行・準急停車駅へと進む小田急沿線東上ライブを敢行。翌年2月にはタワーレコード新宿店で300人を集めるまでになった。
 父親の甲斐も今では応援している。下北沢の駅前で名都が路上ライブを行った時、娘の姿が見えるパブでひそかに見守っていたという。「家ではサッカーの話で一緒に盛り上がる普通のお父さん。私は私で頑張ります」。名都に二世の気負いはない。

★下北沢は名都一色
 デビュー曲「下北沢南口」は、エイベックスと力塾ファクトリーが組んだ第1弾曲として発売される。同曲は、名都が育った下北沢を舞台にした切ない恋物語のポップナンバー。その縁で、下北沢南口商店街は名都を全面バックアップ。街頭フラッグに加え、各店頭にポスターがはられ、精肉店などではCD販売も行われる。また、小田急線では14日まで10両編成のうち4両の中吊り広告がすべて名都に。14日には下北沢440でワンマンライブを開催する。

■甲斐名都(かい・なつ)昭和58年8月31日、東京都生まれ。
中学時代からBUMP OF CHICKENなど、日本語詞を大事にするアーティストに影響を受けてきた。昨年5月にミニアルバム「夕暮れワルツ」でインディーズデビュー。東京・下北沢を中心にライブハウスで100本を超えるライブをこなして実力をつけ、今年2月には第2弾アルバム「ソラシド」を発売。趣味は読書で、好きな作家は江國香織、吉本ばなな、宮部みゆきら。

■甲斐よしひろ(かい・よしひろ)本名・祥弘。昭和28年4月7日、福岡県生まれ。
高校卒業後、1年余りのアマチュアバンド活動を経て、49年5月に甲斐バンドを結成し、同11月に「バス通り」でデビュー。「裏切りの街角」「HERO」「安奈」などを大ヒットさせる。61年に甲斐バンドを解散後は、KAI FIVEを経て、ソロロックシンガーとして活躍。私生活では57年に結婚し、二女に恵まれた。

スポンサーサイト
前の記事
吉岡美穂&IZAM、できちゃった結婚!!
次の記事
阿部哲子アナ、生で結婚を発表!!お相手はTBS社員

コメント

戸田康平が初告白「戸田菜穂の弟です」…コネ封印、今年7月デビュー
歯科医師から転身し7月にデビューしたシンガー・ソングライターの戸田康平(27)が、スポーツ報知のインタビューで女優の戸田菜穂(32)の実弟であることを初告白した。康平の転身に菜穂は「実力の世界。そんな甘くない」と猛反対したという。それでも好きな音楽の道を選んだ康平は「今では姉がオレの一番のファンです」と笑顔を見せた。また、11月8日発売の新曲「陽に向かう」が、フジテレビ系「金曜プレステージ」のテーマ曲に決まった。
 「歯科医をやめてまでやるものじゃない」―。康平のプロデビューに、最後まで反対していたのは、同じ芸能界に身を置く女優の菜穂だった。
 姉弟の実家は広島県内で歯科医を開業している。康平も猛勉強の末、現役で東京歯科大に合格。しかし音楽への夢はあきらめきれず、大学4年の時に家族にその決意を打ち明けた。「両親、姉を含め全員が口をそろえて『卒業してから言え』という感じで反対されました。特に姉(菜穂)が一番反対してましたね。2人で会って相談した時も、『音楽は実力の世界。そんな甘くない』って言われました」と康平は振り返った。
 いったんは家族の言葉を受け入れ、国家試験に合格するまでは勉強に集中。晴れて歯科医師の資格を手にしたが、勤務先の都内の歯科医院を1か月で退職。音楽の道を選ぶと、今度は家族も反対しなかった。「姉がこの世界に入る時も大反対されたから、親もそういう免疫ができてた。正直、アシストになりました」菜穂も「やるなら納得いくまでやりなさい」と康平の背中を押してくれたという。
 レコード会社に送ったデモテープが認められ、歯科医院退職から2年後の今年7月にデビュー。「姉はツテとかコネとかが嫌な人だし、自分のことは自分の力でやりたいという気持ちがあった」と、“戸田菜穂の弟”というプロフィルは封印。無料ライブを地道に重ね、こつこつファンを増やしてきた。
 11月8日発売の新曲「陽に向かう」は、好きな人への思いをまっすぐに歌った力強い歌。6日からスタートするフジ系「金曜プレステージ」のテーマソングに決まると、菜穂も「おめでとう」と祝福してくれたという。「姉が出た作品にオレの曲が流れたらいいなって思いますね」姉弟コラボの実現も、そう遠くはなさそうだ。
by 1
URL
2006-11-19 日 14:03:45
編集
あの~、、甲斐よしひろ氏(父)の

年齢は、、今、54歳ですぞ!
by -
URL
2008-01-28 月 13:56:15
編集

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://trendy.blog7.fc2.com/tb.php/719-4dce592e
甲斐よしひろ娘、デビュー!甲斐名都『下北沢南口』
 ロック歌手、甲斐よしひろ(58)の二女・甲斐名都(23)が8日、「下北沢南口」でメジャーデビューする。⇒GeinouranKing本日の写メ 甲斐名都は「実力がつくまでは」と、あえて父の名を伏せてインディーズ活
2006-11-08 Wed 17:57:20
エンタメ☆FILE
甲斐名都 / 下北沢南口
甲斐名都 / 下北沢南口 >>Ranking 発売日:2006/11/8 甲斐よしひろの次女、甲斐名都(かいなつ)がデビューした。 (1983年8月31日生まれ) 2005年のインディーズ・デビュー以来、 甲斐の娘であることを伏せて活動してきたが、 メジャー・デビューを機にカ
2006-11-12 Sun 15:16:47
J-POP 新着情報館
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。