時の人

いま注目の人、気になる人、話題の人など『時の人』を紹介

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上佑史浩、神になる。新教団設立。アレーフことオウム真理教、分裂。

2006年05月04日(Thu) 13:17:16

 オウム真理教(アーレフに改称)の上祐史浩代表(43)が、信者約千六百人のうち数百人とともに脱会し、新教団を結成することが明らかになった。


 上祐代表の支持派と麻原彰晃被告(51)本名・松本智津夫、一審・死刑の控訴棄却決定の教えを絶対視する「麻原回帰派」との対立が背景にあるとみられるが、公安当局は新教団について「『麻原隠し』を図ることで観察処分を逃れる狙いがある」と指摘し、警戒を強めている。
 
 これに対し、麻原回帰派は、麻原彰晃被告の親族の後押しを受けた村岡達子元代表(56)らの集団指導体制の下、二年ほど前から上祐派と対立を深めてきた。両派は今年に入り、分裂に向けた協議を始め、先月下旬に合意した。出家信者には既に合意内容が伝えられたという。
 上祐代表は分裂後の新教団の代表に就任。麻原彰晃被告と決別した形の新教義を打ち出し、東京都世田谷区の本部施設の一部や大阪市などの道場が新教団に移るとみられる。新教団の名称は決まっていない。

 教団をめぐっては、一月に公安審査委員会が団体規制法に基づく観察処分の再延長を決定。また、東京高裁は三月、麻原被告の控訴棄却を決定した。
 公安当局は「分裂しても教団の潜在的な危険性に変わりはない」としている。
スポンサーサイト
前の記事
矢田亜希子、押尾学ライブに姿を現す…
次の記事
テレ朝佐分千恵アナ妊娠9カ月で産休

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://trendy.blog7.fc2.com/tb.php/316-c6884e9a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。