時の人

いま注目の人、気になる人、話題の人など『時の人』を紹介

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堀江被告「生き急いだかな…」激ヤセ、保釈。缶ビール、巻きずしで質素をアピール

2006年04月29日(Sat) 22:14:09

 ライブドア前社長・堀江貴文被告(33)が、証券取引法違反容疑で逮捕され、94日ぶりに保釈された。拘置所から東京都港区の六本木ヒルズのマンションへ着き、三畳半の独居房生活から約43畳のリビングに戻ると、「広いですねえ」と誰にいうともなくポツリと呟いた。
 
 関係者によると、大勢の報道陣らが注視するなか、約三カ月ぶりに自宅に戻った堀江貴文被告は、エレベーターで住民から「お帰りなさい。大変だったね」と声を掛けられると、照れ笑いを浮かべた。
 
 部屋では、弁護士ら四人と缶ビールに巻きずしで“ヒルズ族”復帰の祝杯をあげ、ホッとしたように「おいしいです」と笑顔をみせた。約三カ月の拘置所生活でたまった荷物は台車八台分。約二百冊の書籍類は大半を読破し、特に『史記』と『大地の子』に感銘を受けたのだろうか…
 東大在学中にライブドアの前身「オン・ザ・エッヂ」を起業し、その後はプロ野球球団の買収劇やニッポン放送株の大量取得、総選挙出馬と猛スピードで突き進んできた堀江被告にとって、拘置所生活は「ゆっくりと人生を振り返る時間だった」。起訴事実については否認を貫いているが、保釈直前には自身の半生を振り返り「少し生き急ぎすぎたかな」と話したという。
 華やかな生活も事件で一転した。保釈中はライブドア関係者との接触が一切禁止されている。携帯電話も新調する予定で、一連の事件では重要証拠となった電子メールの使用も控えるという。
 「ライブドアの経営にかかわるつもりはない」と宣言している。しかし、未だにライブドア株を大量に所有し筆頭株主の位置についており、矛盾している。

 人間、3ヵ月で変わるものだろうか…
“缶ビール”“巻きずし”など質素なイメージ、また「広いですねえ」や「生き急いだ」などの改心したような発言。これらの“謙虚”な堀江被告は、すべて堀江氏の関係者を通じて入ってきたもので、“謙虚”や“改心”を装っていると思われる。
堀江貴文被告は、『心はお金で買える』と発言した人物で、拘置所内では検事に「話しちゃった方が得ですかね?」など質問したり、打算的で決して改心した訳ではないのは明らか。このライブドア事件により、多くの株主が損失を被ったのに対し、未だ堀江被告は莫大な財産を所有していることを忘れてはならない。
 
 今後の堀江貴文被告の言動に注目したい。

スポンサーサイト
前の記事
カニちゃん、映画初主演!映画「MAZEマゼ」で蟹江敬三主演
次の記事
木村カエラ、薬物使用疑惑。

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://trendy.blog7.fc2.com/tb.php/302-e3c80ad6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。