時の人

いま注目の人、気になる人、話題の人など『時の人』を紹介

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神尾真由子、優勝!チャイコフスキー国際バイオリン部門

2007年06月30日(Sat) 12:03:05

 若手音楽家の登竜門として世界的に知られ、13日からモスクワで開かれていた第13回チャイコフスキー国際コンクールの審査結果が29日夜(日本時間30日未明)発表され、バイオリン部門で神尾真由子(かみおまゆこ)(21)=大阪府豊中市出身=が優勝した。同部門での日本人の優勝は第9回(90年)の諏訪内晶子さん以来。前回(02年)は同部門で川久保賜紀(たまき)さんが1位なしの2位に選ばれており、事実上、日本人が2大会連続で最高位に輝いた。ホットペッパー

 同コンクールの演奏・声楽部門で日本人の優勝者は4人目。前回ピアノ部門で上原彩子さん、前々回(98年)は女性声楽部門で佐藤美枝子さんが優勝しており、3大会連続で日本から優勝者を出す快挙となった。
 神尾さんは29日の最終選考で、チャイコフスキーのバイオリン協奏曲、シベリウスのバイオリン協奏曲を演奏。終了後、会場からわき起こった大きな拍手はしばらく鳴りやまなかった。ホットペッパー

 会場で優勝が発表されると、それまで緊張した面持ちだった神尾さんはガッツポーズを取り、祝福に駆けつけた人たちと抱き合って満面に笑みを浮かべた。「本当にうれしい。モスクワに来てからずっと落ち込んでいた。逃げ出さず最後まで弾いてよかった」と喜びを語った。
 神尾さんは4歳からバイオリンを始め、小学4年生だった96年に第50回全日本学生音楽コンクール(毎日新聞社主催)全国大会の小学校の部で1位になった。97年から本格的な演奏活動を始め、98年のメニューイン国際バイオリンコンクールのジュニア部門では最年少の11歳で入賞。その後、米国、英国、フランス、ロシアなど世界各地で公演を重ね、ロシア国立管弦楽団、BBCフィルハーモニー管弦楽団、プラハ・フィルハーモニー管弦楽団などと共演。国際的にも高い評価を受けている。現在はスイスのチューリヒ在住。
 今年のコンクールではこのほか、チェロ部門で日本生まれ(現在はカナダ国籍)の山上薫(やまがみかおり)(25)が、入賞に次ぐ「特別賞(ディプロマ)」を受賞した。
 バイオリン以外の今年の各部門の優勝者は次の通り。▽ピアノ=該当者なし▽チェロ=セルゲイ・アントノフ(ロシア)▽声楽(女性)=アリビナ・シャギムラトワ(ロシア)▽同(男性)=アレクサンドル・ツィムバリュク(ウクライナ)
 ◇チャイコフスキー国際コンクール ロシアの国民的作曲家、チャイコフスキーを記念して1958年に創設され、4年に1度モスクワで開催。演奏・声楽部門はピアノ、バイオリン、声楽、チェロの4部門で行われる。ベルギーのエリーザベト・コンクール、ポーランドのショパン・コンクールと並ぶクラシック界の登竜門。ほかに弦楽器製作部門がある。
スポンサーサイト

田村潔司、結婚!お相手はタレント・桜井悠美子

2007年06月15日(Fri) 12:31:33

 格闘家の田村潔司(37)=U-File Camp=が、タレントの桜井悠美子(25)と婚約したと発表した。ホットペッパー会見は予定しておらず、7月上旬吉日に入籍した後、同月28日に都内で披露宴を行う。田村潔司は1988年に前田日明率いるプロレス団体「UWF」に入団。その後、K-1、リングスなどを経て最近は4月に消滅したPRIDEのリングでも活躍。ボブ・サップ、ヴァンダレイ・シウバら強豪外国人選手とも対戦し、02年11月には、高田延彦の引退試合の相手も務めた。ホットペッパー

トリノ・スノーボード日本代表・今井メロ、ホテトル嬢に!源氏名『コユキ』AV出演も

2007年06月13日(Wed) 21:02:48

 トリノ冬季五輪スノーボード女子ハーフパイプ代表だった今井メロ選手(19)が地元、大阪・キタでホテヘル嬢のアルバイトをしていたと複数のメディアで報じられ、大騒ぎだ。真偽のほどは依然不明だが、アダルトビデオ業界が「本当にホテヘル嬢をしていたのなら、AVデビューさせたい」と水面下で、今井メロ選手側と接触を図ろうとする動きが早くも出ているという。ホットペッパー

 騒動の発端は、「トリノ五輪日本代表の美少女I・Mが大阪のデリヘルでバイトしている!?」という記事。ホットペッパー

 実名ではなかったが、ホテルで隠し撮りされたとみられる写真は今井メロ選手によく似ていた。さらに同僚のホテヘル嬢の証言などから今井メロ選手が大阪市内のホテヘルで「コユキ」の源氏名で勤務。「今井夢露」という本名を同僚に教え、「五輪に出た」と言って運転免許証も見せたと報じた。

 当初は有名人をネタにした便乗商法という見方もあったが、その後、「本人らしい」という報道が続くにつれ、大阪の風俗業界ではマスコミの取材に対し、拒否反応が強くなってきている。

 風俗ライターが業界の裏事情を説明する。

 「現在のホテヘルでは従業員の本名、本籍地と顔写真が添付された書類を所轄の警察署に提出しなければならない。怠ると風営法に違反し、摘発の対象となってしまう。同時に個人情報が外部に漏れることも個人情報保護法で処罰の対象となる。本人の了解がなく、個人名をオープンにするのは店側にとってマイナス以外の何物でもありません」

 あるホテヘル業者も「本人同意で店側から情報をリークするなら、もっと大々的にPRするはず」と話す。新聞や雑誌、隔週発行の専門誌もあるだけに「金になる」となれば、率先して広告を出し、セールスをするのが関西の業界では常識になっているからだ。ただ、今回の騒動には冷ややかだ。

 「飛びきりの美形でも、スタイル抜群でもない。元五輪の日本代表というだけ。仮に本人だとして、自ら周囲に触れ回っているのだとしたら、もう哀れとしか言いようがない」

 そんな中でもひそかに関心を寄せているのが、アダルトビデオ業界だという。「本当にホテヘル嬢をしているのなら、いっそのことAVデビューさせたい。その後に改めて風俗嬢として売り出せばもっと稼げる」と、水面下でメロ選手のスカウトへ向け、探りを入れているというのだが…。店名

兄・成田童夢
☆今井メロ(いまい めろ、本名:今井 夢露) 1987年10月26日
 大阪府出身の女性スノーボードハーフパイプ選手。父はスノーボードコーチの成田隆史、兄はスノーボード選手の成田童夢(どうむ)、弟は成田緑夢(ぐりむ)。
 2005年9月にスポンサー契約、指導方法の違いなどから成田隆史代表の「夢くらぶ」から離脱。名前も成田夢露から親権を持つ母親の多美江(成田隆史とは離婚)の苗字である今井を名乗り、本名を「今井夢露」に改名。全日本スキー連盟への登録名をカタカナ表記の「今井メロ」とする。
「いまいめろ」からマイメロと呼ばれ親しまれている(マイメロディの通称である「マイメロ」にもかけている)

三原じゅん子、元コアラ・ハッピハッピーと離婚!

2007年06月12日(Tue) 12:38:57

 女優・三原じゅん子(42)とコアラから改名したタレント、ハッピハッピー。(38)が離婚することが判明!!ホットペッパー
 99年11月の結婚以来、アツアツぶりを売りものにテレビ、イベントなどに出演していたが、三原じゅん子が夫の女性問題に不信感を抱き亀裂が入った。現在、離婚に向けて協議中で、カリスマ的人気を誇ったアイドル出身の女優とお笑いタレントという「格差婚」のはしりのような夫婦関係にピリオドを打つ。ホットペッパー
 結婚から約8年、関係者によると離婚を決意したのは三原が先だったようだ。三原じゅん子は今年2月の名古屋、5月は大阪で舞台の仕事があり長期間、自宅を空けた。その間、ほかの女性を同伴して都内の飲食店などに現れる夫の姿が複数回目撃されていた。女性問題は三原の耳にも入るようになり、地方から帰宅しても、夫が家にいないことが重なった。夫が仕事以外で家を空けるのは地方の仕事の多い自分にも責任があるとして周囲にも相談していたが、1度芽生えた感情はぬぐいきれず、離婚を決意。夫にも意思を伝えた。
 三原じゅん子は99年にレーサーと離婚後、ダイエット本出版を縁にお笑いコンビ、アニマル梯団のコアラ(当時)と知り合い、99年11月に結婚。美女と野獣カップルながら「ハニー」「ダーリン」と呼び合うアツアツぶりが話題になった。コアラが三原の所属事務所に移籍し、大学時代からおさる(当時=現モンキッキー)と続けたコンビは解散したが、夫婦による仕事の急増で一気に知名度を上げた。
 04年には夫婦による個人事務所を設立し、コアラが社長に就任。三原は同事務所の所属タレントとなった。同年末には「家庭をよくしたい」と細木数子さんに相談し、コアラが「ハッピハッピー。」と改名した。ただし、熱かった2人も、事務所設立前の03年ごろからそろって現れることが減っていた。一部で別居が報じられたが、所属事務所は「三原が仕事部屋を借りただけ」と不仲については否定していた。

TBS・青木裕子アナ、熱愛!結婚間近!お相手は年下ディレクター

2007年06月12日(Tue) 12:18:53

 元ミス慶応でゆうこりんの愛称でしられるTBSの青木裕子アナ(24)が、年下のフリーディレクター、O氏と熱愛交際していることが判明!!ホットペッパーGeinoranKing

 今月某日、青木アナの自宅マンションからそろって出てきて仲良くバイクに2人で乗って外出。Oさんのバイクは常にマンションにとめられており、「今はほぼ同棲中みたい」というTBS関係者のコメントも掲載している。⇒GeinoranKing

 Oさんは20歳代前半で、青木アナがレギュラー出演している「サンデー・ジャポン」でADを務めていた。青木アナが積極的にアタックして交際に発展したという。TBS広報部は「プライベートなことなのでお答えできません」と話した。

中島美梨、大胆な着エロ。Gカップ爆乳ボディー

2007年06月11日(Mon) 21:38:36

 モデル並みのプロポーションを持つグラビアアイドル、中島美梨(22)がこのほど、ファーストDVD「魅惑の果実」を発売した。⇒GeinoranKing

 身長174センチ、B98・W60・88でGカップという巨乳ボディーの持ち主。すらりと伸びた脚と揺れる胸元で大胆な着エロに挑戦している。⇒GeinoranKing

 23日午後5時から東京・秋葉原電気街のヤマギワソフトアニメ館にてイベントを行う。 ⇒GeinoranKing

眞鍋かをり、熱愛交際!お相手は麒麟・川島明

2007年06月11日(Mon) 12:21:54

 タレントの眞鍋かをり(26)とお笑いコンビ「麒麟」の川島明(28)が真剣に交際していることが判明!⇒GeinoranKing
 川島明の大ファンだった眞鍋かをりが昨年12月、バラエティー番組の企画で告白したことがきっかけ。関係者によると、半同棲状態という。熱愛発覚が続いているお笑い芸人。短い交際期間で結婚した陣内智則(33)と藤原紀香(35)の例もあるだけに目が離せない。

 低音ボイスによる「麒麟です」のあいさつでおなじみの漫才師・川島と、元祖「ブログの女王」眞鍋の熱愛が発覚した。

 関係者は「本当によく一緒にいるようです。互いの家を行き来しているようです」と説明。すでに半同棲状態だという。⇒GeinoranKing

 きっかけは昨年12月25日深夜に放送されたテレビ朝日のバラエティー番組「芸能人X’mas 酒池肉林パーティーSP」。川島の大ファンだった眞鍋が「耳元で“麒麟です”と言ってほしい」という願いをかなえるためにクイズに挑戦。見事、正解してツーショットになることに成功し「好きです。ものすごく好きです」と本気で告白した。川島からメールアドレスをゲットした眞鍋は「1日50回くらいメールするけどいいですか」とさらにアタック。川島の方もまんざらでもない様子で、すぐに意気投合した。

 眞鍋が司会を務めた昨年12月24日の「M―1グランプリ2006」でも決勝ラウンドに進出した川島と共演している。

 麒麟は昨年9月、若手の劇場「baseよしもと」から“卒業”し、川島は大阪から東京に引っ越した。慣れない土地ということもあって、2人は急接近したという。

 京都府宇治市にある川島の実家では父・川島喜一さん(60)が「少し前に息子から、付き合っているとメールがあった」と明かした。実家近くで漬物店を営む祖母・静香さん(85)は「あの子の母親が“付き合っている”とか“結婚するかも”とチラリと言っていたと思う。頼りない孫。まだ給料もそんなにもらってないだろうに、そんな人が嫁に来てくれるのか…」と驚き交じりで話していた。

 関係者は「川島さんの方がその気になれば結婚もありえる」と一気にゴールインする可能性を指摘した。

☆川島明(かわしま・あきら)1979年2月3日、京都府宇治市生まれ。
漫才コンビ「麒麟」のボケ担当で相方は田村裕。新人時代からM―1グランプリの決勝ラウンドに進出した実力派。

※真鍋かをり、真鍋かおり、眞鍋かおりは誤り。

知念里奈、離婚。中村健太郎

2007年06月04日(Mon) 01:36:52

 歌手で女優・知念里奈さん(26)が、2005年に結婚したファッションモデルの夫・中村健太郎と今年3月に離婚していたことが判明!!

所属事務所が明らかにした。

 知念里奈は「理想の夫婦像とのズレを感じ、別々に生きていくことがお互いのために一番良いという結論に達しました」とのコメントを出した。1歳男児の親権は知念さんが持つという。

高橋真唯

2007年06月04日(Mon) 01:03:53

☆高橋真唯(たかまし・まい)⇒GeinoranKing
1984年2月23日福岡県生まれ。
デビュー時は、本名の岩井堂 聖子(いわいどう せいこ)で活動。後、改名。また、2004年の8月には赤川次郎原作の人気ミュージカル「ふたり」の準主演:北尾千津子役を演じるなど、舞台の方でも活躍している。2004年テレ朝エンジェルアイ。
拓殖大学商学部中退。
第5回東宝「シンデレラ」オーディション(2000年・グランプリは長澤まさみ)の最後の10人、最終候補まで残った。



○ドラマ
スカイハイ2,世にも奇妙な物語 15周年の特別編 「イマキヨさん」,クロサギ 第三話 仲村敦子役,科捜研の女 第八話,たったひとつの恋 第四話、第五話 ユキ役,悪魔が来りて笛を吹く 河村小夜子役,スロースタート 森山りえ役
○映画
妖怪大戦争 川姫役、僕と彼女の××× 桃井菜々子役、楳図かずお恐怖劇場 プレゼント、ZOO 「SEVEN ROOMS」、サイレン 謎の赤い服の少女役、シムソンズ小野菜摘役、ストロベリーショートケイクス、ラフ ROUGH、遠くの空に消えた
○舞台 ふたり 北尾千津子役
○ゲーム SIREN2 岸田百合、加奈江、多河柳子役
○CM シンキ ノーローン、トヨタ ラクティス、リクルート ゼクシィ


石立鉄男、死去

2007年06月02日(Sat) 01:38:08

 「おくさまは18歳」「パパと呼ばないで」などのテレビドラマで人気を集めた俳優の石立鉄男(いしだて・てつお)さんが1日、急性動脈瘤(りゅう)のため静岡県熱海市で死去した。64歳。葬儀・告別式は親族のみで行う。喪主は長男大和(やまと)さん。
 神奈川県横須賀市出身。俳優座養成所、文学座団員を経てデビュー。70年に出演したテレビドラマ「おくさまは18歳」で人気を集めた。72年の「パパと呼ばないで」(日本テレビ)では、人気子役だった杉田かおるさんと共演。独特の髪形と、「チー坊」というセリフで一世を風靡(ふうび)。その後も、人生の機微を表現する演技で活躍。最近では、2月公開の映画「キャプテントキオ」に出演した。5月28日には、熱海市内の自宅から上京し、所属事務所関係者と舞台出演などについて話し合っていた。
 所属事務所によると、1日朝、自宅で倒れているのが見つかり、病院に搬送され、死亡が確認された。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。